ザビックス 監視ツール

Zabbix テンプレート

プログラム監視ツール

Zabbixとは

Zabbixは、仮想マシン・クラウドサービスなどの様々なITコンポーネントを監視できる、オープンソースソフトウェアです。Zabbixを導入することでそのIT環境における要素、例えばネットワーク使用率やCPUにかかる負荷・ディスクの使用状況など、これらを監視した結果を提供します。Zabbixは導入が簡単で、テンプレートをカスタマイズすることで、IT環境を監視するために必要なすべての情報を簡単に収集することができます。

弊社ではZabbixの個人用テンプレートを作成します。それぞれのIT環境に必要な情報を収集できるようなテンプレートの構築をさせていただきます。Zabbixでは、サーバからデータを受信するエージェントベースの監視システムを導入します。サーバの数は1台でも複数台でも問題ありません。エージェントはZabbixの管理サーバに報告を行い、報告された情報はレポートとして記載されるか、Zabbixユーザインターフェース(GUI)で視覚的に表示されます。弊社のパーソナライズされたテンプレートは、どのような情報を監視したかを担当者に自動的に通知します。

Zabbixの機能説明

  • 収集情報

    Zabbixを導入することで、任意のデバイス・システム・アプリケーションから簡単に情報を収集できます。

  • 問題検出

    Zabbixを導入することで問題を検出できます。また問題の深刻度をレベル化できます。

  • 視覚化

    Zabbixインターフェースは複数の方法でサーバー環境の変動を視覚的に提供します。

  • 通知

    Zabbixは問題が発生した場合に、その問題について担当者に直接通知を行います。

  • セキュリティ

    Zabbixを導入することで、全てのデータを簡単に保護することができます。奇妙な動作を発見すると自動的に通知を行います。

  • 自動化

    Zabbixを導入することで、大規模で動的な環境でも自動的に監視できます。要素に変更があれば自動的にアクションを実行します。

推奨環境

1台以上のIT環境があるサーバ

Zabbixサーバ(ZabbixはAWSクラウドにも対応していますので、一度お問い合わせください)

導入について、お問い合わせ

  • お客様に短時間で導入を可能にするため、事前に弊社セールスエンジニア等、営業がヒアリングに伺わせていただきます。
  • 機器等についても気軽に弊社にご相談ください
ご相談 — お問い合わせはこちらから

Menu