お問い合わせ

ブログ

これまでに経験してきたプロジェクトで気になる技術の情報を紹介していきます。

Asterisk CDR(Call Detail Recording 通話履歴) を使って通話を録音する

okuda Okuda 2 months
Asterisk CDR(Call Detail Recording 通話履歴) を使って通話を録音する

Asterisk16 で通話を音声ファイルとして保存する

CDR(通話履歴)で設定したユニークIDを通話録音ファイルのファイル名として保存していきます。

環境設定

・CentOS 7.8.2003

・Asterisk 16.13.0

「extensions.conf」を修正して通話録音を有効にする

通話録音を有効にするために以下の用意設定します。

exten => _1XX,1,MixMonitor(${UNIQUEID}.ulaw)

${UNIQUEID}でCDRのユニークIDが取得できるので「UNIQUEID」がファイル名になります。

今回は拡張子をulawにしました。

前回の記事同様にリアルタイムを使用することもできます。

INSERT INTO extensions
(context, exten, priority, app, appdata)
VALUES 
('mycontext', '_1XX', 1, 'MixMonitor', '${UNIQUEID}.ulaw');

「asterisk.conf」を修正して録音ファイルの保存場所を指定する

以下のように保存場所を指定します。

astspooldir => /var/spool/asterisk

Asterisk13では保存先がデフォルトから変更できないようで、 asterisk下のmonitorディレクトリに保存されます。

再起動して反映します。

# service asterisk restart

参考

Call Recording in Asterisk | DIDforSale

Asterisk 13について Asterisk 13 - Channel recording path always use default

Asterisk CDR(Call Detail Recording 通話履歴) を使って通話を録音する 2021-08-18 09:16:00

コメントはありません。

4796

お気軽に
お問い合わせください。

お問い合わせ