お問い合わせ

ブログ

これまでに経験してきたプロジェクトで気になる技術の情報を紹介していきます。

Asterisk の多言語化

okuda Okuda 2 months

Asteriskイントール時にAsterisk Module and Build Option Selectionで日本語音声ファイルを追加しておいてください。

音声フォルダの位置

デフォルトでは/var/lib/asterisk/soundsのなかにen, jaがあります。

asterisk.confの編集

設定しなくてもよいのですが、作法として設定しておきます。
システム全てで日本語を使用する場合はこれを「ja」にする場合はここでdefaultlanguage = jaと設定できます。

;プレフィクを有効にする
languageprefix = yes
;デフォルトをenにする
;システム全てで日本語を使用する場合はこれを「ja」にする
defaultlanguage = en

音源を聞いてみる

pjsip.conf

;トランスポートの設定
[transport-udp]
type=transport
protocol=udp
;デフォルトは5060
bind=0.0.0.0:15060
;パブリックIPを設定
external_media_address = 13.231.173.128
external_signaling_address = 13.231.173.128
;プライベート IPを設定
local_net = 172.31.17.120/255.255.0.0

[2001]
type = aor
max_contacts=1
remove_existing=yes

[2001]
type = auth
username = 2001
password = 2001

[2001]
type = endpoint
transport = transport-udp
context = default
disallow = all
allow = ulaw
aors =2001
dtmf_mode=inband
direct_media = no

extensions.conf

[default]

# サウンドテスト
exten => 333,1,NoOp(test!)
same => n,Playback(hello)
same => n,Wait(1)

確認
「333」にコールするとデフォルトの英語で「hello」が流れる

pjsip.confで日本語にする

先程のpjsip.confの2001チャンネルを日本語に設定する場合は「type=endpoint」の項目にlanguage = jaを追加します。

...

[2001]
type = endpoint
transport = transport-udp
context = default
disallow = all
allow = ulaw
aors =2001
dtmf_mode=inband
direct_media = no
;日本語にする
language = ja

設定を反映させる。

service asterisk restart

確認
「333」にコールすると、今回は日本語で「こんにちわ」が流れる

extensions.confで日本語にする

確認のためにpjsip.confに追加したlanguage = jaをコメントアウトしてください。

extensions.confで言語を変更するためにSet(CHANNEL(language)=ja)を使います。

extensions.conf

[default]

# サウンドテスト
exten => 333,1,NoOp(test!)
;日本語をセットする
same => n,Set(CHANNEL(language)=ja)
same => n,Playback(hello)
same => n,Wait(1)

設定を反映させる。

service asterisk restart

確認
「333」にコールすると、今回も日本語で「こんにちわ」が流れる

Asterisk の多言語化 2021-08-23 14:02:51

コメントはありません。

4445

お気軽に
お問い合わせください。

お問い合わせ