exfatについて調べてみた

ここ最近は大規模容量のフラッシュメモリが安く買えるようになってきました。
256GBのフラッシュメモリでもネットで購入すると5000円くらいだったりします。
とはいえこれだけの容量のディスクを使いこなすとなると大きなファイルを入れたりパーティションを確保したいのが人情。
そういう場合今まではFAT32を使うのかなとおぼろげながら思っていたのですがどうやら今は「exfat」が主流になっているよう。そこでもう少し掘り下げて調べてみました。
①fat32
1つのファイルの最大容量は4GB、WindowsもMacも両方に対応している。Linuxでもアクセスできる。
②NTFS
1つのファイルの最大容量はほぼ無制限。Windowsのみ読み書き可能。Macは古いバージョンNG(未確認)。Linuxでも読み込み限定でアクセスできる。
③exfat
1つのファイルの最大容量はほぼ無制限。Windows/Macで読み書き可能。Linuxでもアクセスできる。

今後も検証して情報があれば追記していきたいと思います。

Ryuichirou

vice president

exfatについて調べてみた

This is a test comment

  • 1 year ago

お気軽に
お問い合わせください。

お問い合わせ